Control Your Destiny Or Someone Else Will.

自分の運命は自分で決めなさい。さもなければ他人に決められますよ。

生きたと言えるような人生を生きたいから(エマ 10巻:アデーレの幸せ)

2019年2月の運用成績

Clip to Evernote
日本株PF(2月 7.98%、年初来 10.72%)
TOPIX(2月 2.56%、年初来 7.60%)

保有銘柄
 ひふみプラス
 ベネフィット・ワン(2412)
 MonotaRO(3064)

日本株PFパフォーマンス

日本株2月パフォーマンス

日本株比較チャート

青:ひふみプラス
赤:ベネフィット・ワン(2412)
緑:MonotaRO(3064)
黄:TOPIX

年初来でTOPIXを上回ることができました。全体的に上昇しましたが、特にベネフィット・ワン(2412)の上昇が大きく貢献してくれました。


米国株PF(2月 3.67%、年初来 13.54%)
S&P500(2月 2.97%、年初来 11.08%)

保有銘柄
 マスターカード(MA)
 アップル(AAPL)
 スクエア(SQ)
 NVIDIA CORP(NVDA)
 アドビ・システムズ(ADBE)
 Amazon.com(AMZN)
 ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)
 ノースロップ・グラマン(NOC)
 ロッキード・マーチン(LMT)
 ドミノ・ピザ(DPZ)
 ビザ(V)
 インテル(INTC)
 シスコ(SYY)

米国株ポートフォリオ

米国株PFパフォーマンス

米国株2月パフォーマンス

米国株2月月次損益

米国株年初来パフォーマンス

1月のリバウンドのようにはいきませんでしたが、それでもプラスで終わりましたし、S&P500にもなんとか勝つことができて良かったです。2月中旬から頭打ち感がでてきたので、しばらくはヨコヨコか下落の局面になるのかなぁと思っています。

個別ではドミノ・ピザ(DPZ)が決算をミスって下落。ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)は下落の原因がちょっと分かりません。

年初来ではスクエア(SQ)の伸びに目を見張るものがあります。ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)は唯一のマイナス銘柄となりました。


iDeCo(確定拠出型年金)

保有銘柄
 ひふみ年金
 EXE-i グローバル中小型株式ファンド
 DCニッセイ 外国株式インデックス

iDeCo毎月積立額内訳

iDeCoパフォーマンス

今月からiDeCo(確定拠出型年金)のパフォーマンスも出すことにしました。パフォーマンスは厳密法によるものではなく、積立額に対する時価で出しています。

2018年10月、12月の下落でマイナスになりましたが、その後のリバウンドでひふみ年金以外はプラスになり、トータルでもプラスになりました。いくら長期投資といってもこのような急落があると気持ちが凹みますね。下落時はより多くの口数を購入できるので、平均購入単価が下がり、将来価格が上がったときにリターンが大きくなると思って自分を慰めるくらいしかできませんが。積立投資(ドルコスト平均法)に求められるのは継続する胆力ですので、心が折れずに続けられるようにしたいですね。


2019年1月の運用成績

Clip to Evernote
日本株PF(1月 2.54%、年初来 2.54%)
TOPIX(1月 4.91%、年初来 4.91%)

保有銘柄
 ひふみプラス
 ベネフィット・ワン(2412)
 MonotaRO(3064)

日本株PFパフォーマンス

日本株PF月次パフォーマンス

ひふみプラスは久しぶりにTOPIXに勝ったという印象があります。

日本株個別株のパフォーマンスが悪かったのはMonotaRO(3064)のパフォーマンスが悪かったせいです。

MonotaRO(3064)


米国株PF(1月 9.52%、年初来 9.52%)
S&P500(1月 7.87%、年初来 7.87%)

保有銘柄
 マスターカード(MA)
 アップル(AAPL)
 スクエア(SQ)
 NVIDIA CORP(NVDA)
 アドビ・システムズ(ADBE)
 Amazon.com(AMZN)
 ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)
 ノースロップ・グラマン(NOC)
 ロッキード・マーチン(LMT) 新規購入
 ドミノ・ピザ(DPZ)
 ビザ(V)
 インテル(INTC)
 シスコ(SYY)
 
 売却
 アッヴィ(ABBV)

米国株ポートフォリオ

米国株PFパフォーマンス

米国株PF月次パフォーマンス

米国株月次損益(個別)

買って1年も持たずにアッヴィ(ABBV)を売却(損切り)し、ロッキード・マーチン(LMT)を購入しました。昨年末に購入したノースロップ・グラマン(NOC)に続いて2つ目の軍事防衛銘柄になります。軍事衝突とまではいかなくてもきな臭くなるという読みによる購入になります。


2018年12月の運用成績

Clip to Evernote
日本株PF(12月 -12.87%、年初来 -21.29%)
TOPIX(12月 10.40%、年初来 -17.80%)

保有銘柄
 ひふみプラス
 ベネフィット・ワン(2412)
 MonotaRO(3064)

 売却
 マネーフォワード(3994)
 イボキン(5699)

日本株PFパフォーマンス

日本株12月パフォーマンス

11月が底であって欲しいと思っていましたが、10月と同じくらいの下げとなり、損失が拡大しました。特にマネーフォワード(3994)の下げがきつかったです。

ひふみプラスの半分と、マネーフォワード(3994)、イボキン(5699)を売却。2019年の生活資金として出金しました(パフォーマンスは厳密法により算出しています)。

2019年はリセッション入りなのか、米大統領任期の3年目のジンクスが勝つのか、気になりますね。


米国株PF(12月 -10.97%、年初来 6.92%)
S&P500(12月 -9.18%、年初来 -6.24%)

保有銘柄
 マスターカード(MA)
 アップル(AAPL)
 スクエア(SQ)
 NVIDIA CORP(NVDA)
 アドビ・システムズ(ADBE)
 Amazon.com(AMZN)
 ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)
 アッヴィ(ABBV)
 ドミノ・ピザ(DPZ)
 ビザ(V)
 インテル(INTC)

 売却
 JPモルガン・チェース(JPM)
 フェイスブック(FB)

米国株PFパフォーマンス

米国株12月パフォーマンス

米国株11月個別損益

米国株年初来パフォーマンス

米国株も11月が底であって欲しいと思っていましたが、残念ながら12月は大きく下げました。

年初来でNVIDIA(NVDA)が9月末のプラスパフォーマンスから一転大きくマイナスパフォーマンスになるとは思っておらず、ちょっとショックでした。

スクエア(SQ)も9月末は185%だったのが61%まで下がってしまい、こちらもショックでした(100ドルをつけたところから下がり始めました)。

フェイスブック(FB)とJPモルガン・チェース(JPM)は2019年分のNISAや他の銘柄購入のために売却しました。フェイスブック(FB)はもっと早く損切りしても良かったのかなと反省しています。

10月、12月の下げでダメージが大きかったですが、それでも年初来ではなんとかプラスとなりました。ただ目標とするリターンには届かなかったため、そこは残念です。

2019年は先にも書きましたようにリセッションなのか、3年目のジンクスが勝つのか。静観したいと思います。


プロフィール
2015年3月から専業投資家になりました。米国株、純金積立は15年以上やっています。最近は日本株やサヤ取り(指数先物)を始めました。 / 心 打たれ弱い / 好きなの バイク、読書 / 嫌いなの すっぱいネチャネチャ系(バナナ、トマト、etc.)
IMG_0006_web_banner
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: