永井豪エッチまんがセレクションG (SPコミックス)永井豪エッチまんがセレクションG (SPコミックス)
著者:永井 豪
販売元:リイド社
(2004-01-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

目次

  • まいるど7
    • ノーパンテニスの巻
  • おさかん家族
    • PART.1
  • スペオペ宙学
    • おいろけいっぱい 春休み林間学校の巻
  • おさかん家族
    • PART.2
  • イヤハヤ南友
    • 八つざきテストの巻
  • おさかん家族
    • PART.3
  • ランボーセンセー
    • 必殺ハードパンチの巻
  • おさかん家族
    • PART.4
  • 女子プロレス2100年
  • おさかん家族
    • PART.5
  • グッバイ・ボーイ
  • おさかん家族
    • PART.6
  • 女賊ふろとかげ
  • おさかん家族
    • PART.7
    • PART.8

永井豪エッチまんがセレクション」に引き続き、強引なストーリー展開、ページ稼ぎとしか思えない状況説明の多さ、エロと暴力の混沌っぷりには驚かされました。

「おさかん家族」では盛サド兵衛(父)、盛カキ介(長男?)、盛五ヱ門(次男?)、盛ぽる乃(長女)、盛畜之丞(三男?)という家族構成。タイトル通りそれぞれが凄くおさかんでして、彼らに近づくと何かしらのトラブルに巻き込まれるというもの。唯一マトモだと思っていた盛畜之丞も凄い性癖を持っていて、驚きを通り越して引いてしまいました。

「イヤハヤ南友」は学校の頑健度テストとして、抽選で当たった女の子2人を八つ裂きの刑に処して耐えられるかというもの。全裸にされ、四肢を動物に引っ張らせ、手足で体を隠せないようにするという、チラリズムの変形とも言える内容でした。

「ランボーセンセー」は男性教師と女性教師がボクシング対決するというもの。ちょっとエッチなボクシング対決といった内容でした。

「女子プロレス2100年」はタイトル通り女子プロレスもの。そんなオチってあり!?という内容でした。

「グッバイ・ボーイ」はスケ番グループ・マッドファックスが目をつけた男子高生のドーテーを奪いに行くというもの。無事にドーテーを守り抜けるかが見所です。

知らない作品ばかりでしたので、結構楽しめました。昔の少年誌はずいぶんと寛容だったんですね。