ビリーバーズ 1 (fukkan.com)ビリーバーズ 1 (fukkan.com)
著者:山本直樹
販売元:復刊ドットコム
(2012-05-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ビリーバーズ 2 (fukkan.com)ビリーバーズ 2 (fukkan.com)
著者:山本直樹
販売元:復刊ドットコム
(2012-06-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


答えは絶対言わずに「自分で考えるんだ!」と追い詰めていく部分は、自己啓発セミナーや新興宗教や、会社の上司の「自分で考えろ!」というのと共通している。何か矛盾しているなーと思うと「心が汚れている」「全てを吐き出していない」「常識がない」と言ってくる。人格を壊したり洗脳するときの常套手段なのかな。

最後の部分は連合赤軍のような形になってしまっているけど、そういうオチのつけ方もアリなのかも。

会社で「1を聞いて10を知れ!」「自分で考えろ!」って人は、やっていることは上記と同じだと気づいた。誰かに相談しても「我慢しろ」「お前が悪い」となるので、逃げるとしたら会社を辞めるか、一気に飛んでしまうけど死ぬしかなくなる。これをゲーム(最後は嫌な気分で終わるコミュニケーション)と言えるのか分からないけど、どう受け流すか難しい。

あと、自分が信じていることを否定されたとき、その反応の大きさでどれだけ依存しているのか、最後の砦なのかが分かるんだと改めて思いました。